ここが違う!OPTIMUSを支える独自技術

OPTIMUS WHITE PAINTは産官学連携により開発されました。

「スーパーキャプセル」マイクロキャプセルの表面に光触媒を担持

ingredient 1

『スーパーキャプセル』で基材劣化させず効果長持ち

従来の光触媒は、塗料などに直接配合すると塗料中のビヒクル(有機物)を分解してしまう欠点がありました。OPTIMUSは、光触媒で覆った比重の軽いマイクロキャプセルが塗膜の表面に配向するため基材を劣化させることがありません。このためいつまでも光触媒作用を存分に発揮し、長年にわたって光触媒効果、すなわちセルフクリーニング、空気清浄効果を発揮します。

ingredient 2

無機材料(コロイダルシリカ)とのハイブリッドで強靭な塗膜を形成

コロイダルシリカとは、アルカリシリケート(水ガラス)をナノ分散させた材料です。OPTIMUSは、このコロイダルシリカを配合することで樹脂成分のバランスを良くし、従来のコロイダルシリカを配合することで超親水性のセルフクリーニング効果を更に向上させることができました。この優れた相乗効果により耐汚染性と耐候性を発揮することが可能となりました。

 

空気清浄効果が確認されました。

光触媒工業会ではNO除去量が0.5μmol以上であれば判定基準をクリアしなければならないですが、オプティマスは2.04μmolのためクリアしています。

 

オプティマスは、藻も寄せ付けません。高温多湿の環境でも問題ありません。

試料:下記画像 左(水性塗料):右(OPTIMUS)
試験方法:
①シャーレに無機塩寒天培地を流し込み、培地固化後に試料を置床する。
②藻類懸濁液を試料表面が浸漬する程度までシャーレに撒き掛ける。
③小型温室中で培養する。前処理:40℃温水浸漬3日間
調査方法:試験片上の藻の発生程度を調査する。

 

オプティマス施工例